自作情報商材を作ったけど売れない4つの壁!

l_081情報商材を作ること自体はブログを書くより難易度が高いことは想像に難しくありません。

以前にも話しましたが、ネット初心者はブログでアフィリエイトで稼げるようになってからでも遅くはありません。

あと、メルマガもやっているなら情報商材を売るには有利ですね。

自分が作った情報商材がなかなか売れないのは壁があるからです。

その壁を紹介していきます。

1.人に役に立たないネタであること

ビジネスの基本中の基本なんですが、ビジネスは人に役立って初めてビジネスといえます。

人の悩みを解決してあげることがビジネスです。

情報商材も一緒です。

悩んでいる人がこの情報商材を買えば、悩みを解決できると思われなければ誰も買いません。

今の世の中、浅い悩みならグーグル先生が解決してくれます。

しかし、グーグルやヤフーに検索をかけても解決できないディープな悩みもあるわけです。

自分の情報商材が売れない原因として、そもそもネタに原因があるのではないかと感じ、ネタを変えようと思っている方は、教えてgooやyahoo知恵袋を見ると参考になります。

yahoo知恵袋などは検索エンジンでは悩みを解決できず、わざわざ書き込んでくる人たちですから、そういった人たちの切実な悩みを解決してあげることはビジネスになりやすいです。

どんなビジネスをするにしても大きく稼ぐ為に必要な三要素があります。

それは

・マインド

・マネジメント

・マーケティング

です。

これを合わせて私は3Mと呼んでいます。

人に役立つネタ探しはこの三要素のマーケティングに通ずるものです。

壁を越えるためには是非やるべき事なので真面目に取り組んでみて下さい。

2.ネタを商材にできない

ネタを文章にして商材にしますが、ここは一朝一夕では難しいです。

先ほどから申している通り、まずはブログを書いたり、無料メルマガを書いて文章力を上げるしかありません。

なのでネットビジネス初心者はブログでアフィリエイトから始めることを多くの人が薦めているのです。

文章力アップセミナーやコピーライティングセミナーなどもありますが、私はそういったセミナーには参加したことは有りません。

結局は文章を書くのは自分なのでそういったセミナーに参加しても、何度も文章を書きながら上達するしかないのです。

それよりもビジネス系の勉強会に参加して、そこでテンプレートを手に入れた方が確実です。

私が参加している勉強会の主催者は、その勉強会を開催して5年以上になりますが、このテンプレートを入手して、勉強会の告知をしてから急激に会員数が増えました。

3.多くの人に告知できるメディアがない

これも一朝一夕では難しいです。

やはりブログやメルマガを育てるしかありません。

ブログでまずはアクセス数を稼げるようにします。

SEO対策とかを勉強するにもブログを書くことは非常に勉強になります。

4.料理はうまいのに売れないお店

商品に対して凄い自信を持っている飲食店はたくさんあります。

でも大赤字の店もたくさんあります。

潰れちゃう店もあります。

情報商材を作っている人も同じじゃないでしょうか?

結果が出ないのには原因があります。

独りよがりになっていませんか?

自分ではその商材を客観的に見ているつもりでも自分が持っていない視点を他人は持っています。

スキルバンクです。

ネットビジネスは一人でも稼げる人もいるのでなかなか仲間とつるむということが盲点になります。

仲間とつるむと自分の弱点も見えやすくなります。

専門家に見てもらうと一気にブレークスルーする可能性もあります。

自分に足りないものが見えてきます。

メンター的存在を探すことも長期的には必要なので探してみて下さい。