ポイント小遣いサイト成功例・クラウドソーシング成功例

20150906200537

ネットビジネスの成功事例として主にアフィリエイト、せどり、情報商材と紹介してきましたが、他にもあるので紹介します。

ポイント・お小遣いサイト成功例

ポイントサイトやお小遣いサイトを運営するならともかく、利用することで成功するのは難しいです。なぜなら、とにかく単価が低いからです。

だからといって、これらのサイトの利用が無益だというわけではありません。単純にお小遣いを稼ぐのももちろんいいでしょう。しかし、インターネットビジネスでの成功を目論んでいるなら、さまざまなポイントサイト・お小遣いサイトを覗いて回ること、そして実際にお小遣いを稼ぎながら利用してみることで、その使い勝手や客層別の興味の惹き方などを学び取ることができます。

そこから、ポイントサイトやお小遣いサイトの運営へと手を伸ばす方法もあり、または、自身のアフィリエイト対象として利用していく方法もあるでしょう。

クラウドソーシング成功例

企業と技術者・労働力とを結ぶサイトであり、企業側は求める人材を探しに、求職者は自分にできる求人を探しに訪れます。クラウドソーシングサイトはマッチングサイトです。

専門職スタッフを常時抱えていたくない・より安く多くのアイデアを集めたい、しかし、独自にコンペを設定したり・広範囲に募集をかける手間をかけたくない、そんな企業側の要望。

技能はあっても、実績や機会に恵まれない、煩わしい人間関係を嫌う一匹狼タイプの個人技術者の要望。

この二つを、クラウドサイト上で、マッチングやトライアルの場、そして報酬支払の代行にいたるまでを行ってくれるという、双方に嬉しいシステムを作り出し、より多くの企業と個人が登録するサイトが成功を収めています。

ほとんどのサイトが個人側は無料登録であり、企業側のみが有料登録です。または、マッチング成功報酬の形を取っているサイトもあります。サイト上で募集から納品・支払までのほとんどの作業が行えるだけのシステムを構築する必要があり、サイトを立ち上げるには、それなりの知識が必要です。

ランサーズ、クラウドワークス、シュフティなどが大手であり、成功例といえるでしょう。

こうしてみていくと、名の知れた大手インターネットビジネスサイトは、手広くさまざまな分野へと触手を伸ばし、1サイト、1企業、1個人から、同時に多方向から利益を吸い上げる形を構築し、成功を収めています。

個人でもそれを目指すことは可能です。Amazon.comのように、個人起業で成功している例は多数あります。しかし、最初から多方面に手を出すのが危険なのも事実です。

自分の持つ知識や能力に見合ったスタート。そして努力して収入を増やしていく中で徐々に多方面へと目を向けていく、それが正しい成功への過程と言えるでしょう。

最初は個人でやって、ある程度稼げる段階になると、様々な情報、知識、仲間が出来るようになります。その中で方向性を決めていけばよいと思います。

ただ「ネットビジネス大成功例5選」 に出て来るような企業の創業者は最初から大きな志、理念を持っています。彼らの企業は生活になくてはならないものと化しています。稼ぐために起業したのではなく、世の中を変えるために起業したのです。

皆さんも自分が最終的にどうなりたいかをイメージしてみて下さい。