ネットビジネス成功者の2大成功例

shared-img-thumb-20130321-P3210210_TP_V-768x511

不動産投資、株式投資が出来るのであれば、わざわざやる必要もないと思いますが、これらをやる資金がないのであれば、ネットビジネス以外ないです。ネットビジネスは失敗してもリスクが少ないのがメリットです。ただ、金銭的なリスクは少ないにせよ、時間的なリスクは自分で管理していないとダラダラしてしまいます。なので成功例を早く知ってもらいたいのです。

今回は現在成功してるネットビジネス成功者たちが一体どのような手法で稼いでいるのか?具体的な成功例をこっそりとお教えしていきます。

いろいろなルートで成功者に成り上がる人はいますが、個人でネットビジネスで成功を収めている人のほとんどが今回挙げる2つのパターンのどちらかのルートで現在成功しています。

ネットビジネス成功例1.アフィリエイト⇒情報発信

現在ネットビジネスで成功している方の多くがこのパターンです。

まずはアフィリエイトに取り組んでそこそこの成功を収めた、つまりサイトアフィリエイトやトレンドアフィリエイトなんかで稼いだという実績を作ったあとそれを元に情報発信を行ってくパターンです。

情報発信で稼ぐというのはざっくり言えば、自分自身がアフィリエイトで稼いだ時のマインドやノウハウをメルマガでその情報発信をしつつ、読者に対してアフィリエイトを実践する上で必要になってくるツールやコンサルを売っていくということです。

例えばあなたがアフィリエイトで月30万円稼げるようになったら、今度は人にアフィリエイトを教えること(情報発信)で稼いでいくということです。

「アフィリエイトで稼ぐ方法教えます的な塾」の相場は30万円ぐらいですが、これって33人生徒を取れれば1000万円ですから。

でもその塾を主催するにはアフィリエイトで稼ぐ方法を教える講師として、実際に自分自身がアフィリエイトで稼いでいなくてはならないわけです。

だって、アフィリエイトで稼ぐ方法を教えますって謳っている人自身が実はアフィリエイトで一銭も稼げていなかったら笑えますよね?

他人事なら笑って済ませればいいですが、アフィリエイトを本格的に学ぼうとその人に投資した人にとっては笑い事ではありません。

だから塾やコンサルといった情報発信ステージで健全に稼ぎたいならばまずは自分自身がアフィリエイトで稼いだという実績をつけなくてはいけないのです。

そして初心者が稼ぎやすい、つまり成功実績を作りやすいのはアフィリエイトのジャンルが現在トレンドアフィリエイトや物販サイトアフィリエイトなので、最近のネットビジネス成功者はこのパターンが多いです。

ネットビジネス成功例2.せどり⇒情報発信

ブックオフなんかで安く本を仕入れ、それをネットオークションやアマゾンなんかで仕入れ値以上で売って差額で稼ぐせどりからはじめて情報発信に移行していくパターンです。

せどりに関してはアフィリエイトと比べて在庫や赤字のリスクはありますが、足を動かしてとにかくネットでの相場よりも安い値段で本を仕入れて梱包してネットで売れば稼げる分野です。

正しい方法で作業量を確保すれば誰でも稼げるわけですから、アフィリエイトと同じで需要があります。

「俺もせどりで稼ぎたい」的な需要です。

そこに対して情報発信ビジネスを仕掛けていくという感じですね。

「せどりで稼ぎたい人向け個別コンサルします。料金は30万円です。」
みたいな形を筆頭にいろいろな形のせどり情報発信ビジネスがありますが。

せどり成功⇒情報発信で成功というパターンも結構多いので研究されてみるといいと思います。

ネットビジネス成功の肝はステップを踏んで情報発信に移ること

組織化すれば別ですがどんなビジネスも一人で稼いでいくには限界があります。

サイトアフィリエイトやトレンドアフィリエイト、せどりなどは初心者でも作業すれば稼げる手軽さがある一方で、比較的早くこれ以上は月収が上がらないという限界がきます。

もちろん生活苦になるほど低い地点で頭打ちが来るわけではないので生活はできると思いますが、ビジネスでの成功者と呼ばれるぐらい稼ぎたければ情報発信ステージに移っていくのが効率的です。

でも成功者が情報発信で稼いでいるからといっていきなり自分も情報発信から始めるというのは得策ではありません。

トレンドアフィリエイトにしろせどりにしろ、それを教えて稼ぐ情報発信ステージでは「あなた自身がそのノウハウで実際に稼いでいる、もしくは稼いだことがある」というのが重要な要素だからです。

そうは言ってもアフィリエイトで稼いでいないのに「アフィリエイトで稼げる方法教えます」と謳って情報発信している順序を飛ばしている人は結構いるわけですが。これは英語が全然わからないのに英語の先生になるのと本質的には同じです。

英語が全然わからないけど英語の先生になって、生徒に価値を提供できると思う人はいきなり順序をぶっ飛ばして情報発信からはじめてもいいと思いますが、そうでない人は今回の2つの成功者の成功例を参考に実績を作るところから始めてみましょう。

自分が初めて報酬を得たのは、せどりです。もっと具体的に言うと「Amazonを使った家電せどり」です。なぜ、これをやったかと言えば、自分が元量販店の店長をしていたからです。

これは、Amazonで売られている価格より安い価格で売られている商品を家電量販店で見つけてAmazonで売るというものです。アフィリエイトで1円も稼げないという人はまず、せどりで報酬を得てみる実体験をしてみるのもいいんじゃないでしょうか?