金持ち脳は30代で決まるのか?

yjimageS9CY9BG9

20代の頃は人からの教えに素直に動けたのに、30代になってから人の考えを素直に受け入ることが出来なくなりました。気付き始めたのは30代半ば過ぎてからです。これから先を読んで思い当たる節がある30代以上の人は多いと思います。

お金持ちになる人はフツーの人とは思考回路が異なっています。フツーの人と同じように発想してお金持ちになれるのだったら皆お金持ちになっているはずです。
人と違う発想にこそ儲けの源泉があります(人と違う発想はリスクの元でもあります。結局お金持ちになるためにはリスクを取らなければなりません)。だが生まれつき才能がある人はともかく、そうでない人がお金持ちの思考回路を身につけるためには、頭が柔軟なうちにトレーニングしなければいけません。お金持ち脳には年齢制限があります。

お金持ち脳の年齢制限は30代前半
 お金持ち脳の年齢制限は一般に30代前半といわれています。それ以降になるとアタマが固くなり、新しい発想を受け付けなくなってくるのです。

10代のうちは、多少の差があるかもしれないが、基本的に皆ガキです。10代のうちからお金儲けの才覚を現す人もいるが、そのような天才でない限りは10代はフツーにしていてよいです。

問題は20代の過ごし方です。半数以上の人は何らかの形で会社などの組織に入って働くことになります。社会人になりたての頃は、学生の時と違って理不尽に思えることも多く、仕事も面白くないことがほどんどです。だがこの時期がお金持ち脳を作る上で非常に大事です。この理不尽さやつまらなさの感覚をどこまで持続でき、それを打開するため行動に結び付けられるかでその後の人生は決まります。

ほとんどの人は数年で社会人になりたての頃の反抗的な意識を徐々に忘れ、従順なサラリーマン(社畜)に変貌していきます。20代の後半になると、自分の殻を破る勇気はほとんどなくなり、飲んだ時に愚痴るくらいになってきます。だが20代までは、理想の自分と現実にギャップがあることを認識しているからまだ大丈夫です。

問題は30代から訪れる「強烈な自己肯定」フェーズに入ってしまうことです。当初は生活のためと言い聞かせていたサラリーマン生活が徐々に心地よくなり、自らの人生を強烈に肯定するようになってきます。30代の後半ともなると、完璧な社畜が完成し「最近の若いヤツは!」などと説教をするようになります。

自己肯定フェーズに入ってからの転換はほぼ不可能
 このフェーズに入ってからお金持ち脳に転換するのはほぼ不可能です。これまでの経験と価値観が頭脳のほとんどを占め、新しい考えが入って来ません。また以前のイヤなことを都合よく忘れてしまいます。

例えば同じ会社に勤め続けることは、安定でもありますが、1つの会社に人生のすべてを預けるという意味でリスクにもなります。これは価値観でありどちらが正しいというものではありません。だが強烈な自己肯定に入ってしまったアタマには、会社にいることがすべてになってしまい、自分と異なる考えはハナから排除してしまうのです。

実際、私は学生の頃は遊ぶことばかり考えていて、まじめに勉強する雰囲気などまったくなかったといってよいです。就職活動もテキトーでした。あまり認めたくありませんが、客観的に見て今の若い世代の方が、かなりマトモです。

そのような世代の人間が、若い人をつかまえて、最近の新入社員は覇気がないだの、草食系だのと批判しているのを見ると、30代からの自己肯定フェーズというのは、理想と違う自分を正当化するための一種の防衛本能なのだと妙に納得してしまいます。

もしこのコラムを読んでいる人で40歳以上の人がいるならば、チャンスは狭まってしまうかもしれませんが、諦めないでください。20代と40代の違いは脳です。

私は20代の頃は習慣化を意識しなくてもやるべきことはやっていたつもりです。30代になると頭では分かっているのにどうして変われないのだろうと悩みます。

そこで習慣化が必要となります。「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」という言葉は有名ですが、人格も運命も変わったかどうかは客観的にはわかりませんが、習慣化は自分で認識できます。

私は習慣化できていないということは心も行動も変えられていないと認識しています。なので20代は意識せずに自分を変えることが出来るかもしれませんが、40代は意識して習慣化しなければなので20代より時間がかかるだけです。

一方まだ20代の人は、あまりこだわらずお金持ちになることを意識して行動すれば結果が早く出ます。
お金が動く分野や業界は常に変化しています。突然新しい分野が登場してくるかもしれません。若いうちは、幅広く情報収集をしておくことの方が大事です。

私はもう若くありませんが、そのことに気付けたのでとてもラッキーだと思っています。お金をもっと稼がないと今後の人生いろいろ大変だと気づく時って人それぞれです。

しかし、早ければ早い方が良いですね。今の日本では95%の人が気付かなければいけないことではありますが、気付かない人が多ければ多いほど気付いた人が有利なのも事実です。